スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫画背景

この漫画好き、この漫画嫌い。

だれでも持つ感覚だし、それを公表するしないもまあ自由っちゃ自由(書かれた人をリスペクト出来てれば。タダの誹謗や中傷は客観的に見てもホント見苦しい…)

でもって、作家も個人のその好き嫌いに過敏に反応してるほど万能じゃない。

嫌なら関わらなきゃいいだけなんだし。

自分の好きな作家がどんな漫画が好きなのはって多分興味もつ事だとは思うけど、どんな漫画が嫌いかに関しては正直ファンならば「ほっといてやれよ…」って感じる。

やれ鬼の首を獲った如く「誰が彼を批判!』って大騒ぎしてるの見ると、ミッチーサッチーの頃と何にも変わらないじゃないの、って情けなくなる…(古い!って突っ込みあります?そう、古いんですよそれ)

まあ名の知れた人がたまたまデリケートな部分に足を踏み入れただけなんだろうけど、でもこれ名の知れた知れてないの問題じゃないよって思う。

ワシはたまたま人に自分をアピールする仕事についたので、こんな事書いたらヤバいかな、とkあを考えてから書き込む習慣にはなってるけど、ネット上の匿名性は一般人のその辺の感覚をこそぎ取ってるイメージが強いです。

なんかこう別人格というか、本来の自分の「負」の感情を唯一表現出来る掛け違えたストレス発散の場でしか無い様な…

話がずれちゃったけど、まあ興味本位に広げられた話題は本質はうっすいモノしかないって事です。

ちなみにワシは背景は写真トレス表現しません。絵柄的に無理だから。これだけの話w

ああいった表現が漫画よくする悪くするどうのこうのなんて、そんな烏滸がましい事言えませんて…。

「面白い」って思ってくれた人がお金出して読んでくれて。そのお金が作家に還元されてもっと面白い漫画を生み出す。このシステムが全てであって欲しい。
スポンサーサイト
才谷ウメタロウ
漫画家です。

才谷ウメタロウ

Author:才谷ウメタロウ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ウメ数え
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。